[かむカム16号/1998年09月]より 歯のまめ知識かむカム童話

虫歯の原因はどんなお菓子かな

マーちゃんのおうちに、お友達が集まって来ました。
わいわいがやがや。
おやおやなんでしょう。

それは、今日みんなで、なぞなぞをすることになったからです。
そこにママがきました。
みなさーん、今からなぞなぞをしまーす。元気よく答えてくださーい。

一つむし歯に一番なりやすいお某子はなーんだ?
「ハーイ」みんな元気よく答えます。
「キャラメル」「ガム」「チョコレート」
「正解でーす」
それは、いつまでもだらだらと食べやすいアメ、チョコて、歯にぺっとリつくとなかなか取れないからてす。

二つめむし歯ができやすいお某子は、なーんだ。
みんなは、何んだろう。何んだろう。ネエー何んだろうね。
それは、ビスケット、カステラ、今川焼、ドーナツ、などなど食べた後、歯につきやすいお菓子です。

三つめむし歯になりにくいお菓子は、なーんだ。
みんな一声に答えました。「おせんべい」
みんなむし歯になりにくいお菓子は知っていました。

そうてす。ポリポリ、コリコリ、よくかまないと食べられないお菓子がむし歯になりにくいたべものです。
他には、あられ、ピーナツ、クラッカー、かりんとう、そしてするめなどがあります。

最後に、下の絵のお菓子の中てスティック・シュガー(6g)が何本入っているでしょうか。
当てて下さい。
「おやつでとる砂糖の量は一日20グラム以下にしましょう。」

おやつについて注意すること
おやつ(間食)は、"甘食"でなく、不足しがちな栄養分を補う大切な食事(補助食)です。

★一時的に空腹を押さえ、しかも3度の食事に影響を及ぼさないもの。
★甘味おやつの代わりに、かみごたえがあり子供に魅力を持たせるもの。
★牛乳、お茶、天然果汁、水などと共に食べるようにすること。
★食事のリズムをくずさないように決めた時間に食べること。
★おやつは食べる量だけをお皿に出して、歯につきやすいものをさけること。
★おやつのあと、水分や繊維の多いたべものを食べましょう。(例えばリンゴ、セロリなど)
★寝る前には、飲んだり食べたりしない習慣をつけること。

最後にハミガキを忘れないように!!

文 あびる のぶこ 絵 てらだ のぼる