[かむカム1号/1991年1月]より 歯のまめ知識かむカム歯のQ&A

Q : 子供の歯みがきは、何歳頃から始めたらよいでしょうか?

A : かわいい予供の歯が、下顎から2本しっかり生えた頃から始めたいものです。

ちょうどこの頃は離乳も始まり、一人でスプーンを持ったりして、なんでも口の中に入れたがる頃でもあります。

歯ブラシも、この頃からおもちゃ感覚で持たせてあげます。最初は口の中に人れたり、しゃぶったり、かんだりして遊んでいるものの、まわりの大人、兄姉の真似をしたりします。この時期を逃さず、歯ブラシを始めたらよいでしよう。

歯みがきのコツ

それでは、どのようにして歯みがきをしたらよいか、注意点を含めてまとめてみました。歯の汚れは、ちょうど食べた後のお茶椀の汚れと同じで、汚れがべっとりついております。
ですから、この汚れを落とすには、何かで、すらなければ落ちません。
一見きれいに見える歯でも、
  1. 歯の汚れは歯と歯肉の境目
  2. 歯と歯の間
  3. 奥歯のかみ合わせの溝(みぞ)などが汚れ
が落とせない所で、意外に汚れがついているものです。