江戸時代の歯を抜く方法と麻酔は?

抜歯風景 国芳画

抜歯風景 国芳画

江戸時代の歯を抜く方法と麻酔は?

江戸時代の口中医、入れ歯師、歯抜き師は、様々な方法で歯を抜いていました。例えば、①鉗子で歯を掴んで抜く、②木の棒を歯に
あてて木槌で叩いて抜く、③鉄の細い棒でこじって抜くなどでした。
江戸時代には、歯肉に擦り込んで麻痺させる程度の痺れ薬はありましたが、麻酔なしで瞬間的に歯を抜くことが多かったのです。歯くさにより動揺している歯はともかく、しっかりしている歯ではさぞ痛かったことでしょう。幕末期の医科の外科道具の引き札には、歯科用として日本の伝統的な歯抜き鉗子や口中万力(ネジを前後に歯を締める鉗子)などが出ています。しかし、明治10年発行のカタログには、新しい技術を吸収して西洋式の抜歯器具に変わっています。

所在地

横浜市中区住吉町 6-68
神奈川県歯科保健総合センター(神奈川県歯科医師会館) 7 階
来館予約来館予約

神奈川県歯科医師会事務局に
前日までに予約をして下さい。

TEL: 045-681-2172

入館料入館料

無料

Googtle Mapで開く

Oral Health Online オーラルヘルスオンラインOral Health Online オーラルヘルスオンライン

神奈川県⻭科医師会が運営する情報発信メディア!
最新の⻭科治療についてご紹介しています。

こちらをクリック