幕末に開業した横浜居留地の外国人歯科医師の治療とは?

Burlingham の新聞広告

Burlingham の新聞広告

幕末に開業した横浜居留地の外国人歯科医師の治療とは?

幕末に来日した外国人歯科医は、どのような歯科治療を行っていたのでしょうか。それは、居留地で発行されていた英字新聞の広告で知る事ができます。イーストレーキの来日から一年後、慶応2年(1866年)に開業したレスノーは、日本語の海外新聞に、“せともの(陶製)の歯を使い、色は天然の歯に劣らない。金(床)で入れ歯を作る”と宣伝していました。1866年に開業したバーリンガムは、英字新聞に“ゴム床義歯に金属のクラスプ(バネ)、むし歯に金箔や銀(アマルガムか)、無痛抜歯(笑気麻酔)、歯痛の治療”と広告にあります。幕末に横浜に来日したアメリカ人歯科医師は、当時アメリカで開発されていた最新の歯科技術と材料で治療をしていました。

所在地

横浜市中区住吉町 6-68
神奈川県歯科保健総合センター(神奈川県歯科医師会館) 7 階
来館予約来館予約

神奈川県歯科医師会事務局に
前日までに予約をして下さい。

TEL: 045-681-2172

入館料入館料

無料

Googtle Mapで開く

Oral Health Online オーラルヘルスオンラインOral Health Online オーラルヘルスオンライン

神奈川県⻭科医師会が運営する情報発信メディア!
最新の⻭科治療についてご紹介しています。

こちらをクリック