西洋の歯ブラシの始まりは?

西洋の歯ブラシの始まりは?

歯ブラシは、中国で宋の時代(960〜1279年)に考案されました。それは、牛の角、牛やラクダの骨などを柄に使い馬の毛を植えたものでした。この歯ブラシの元祖が、シルクロードを経てヨーロッパに伝わったのです。ヨーロッパの上流階級は、馬や豚の毛を植え、柄は象牙、動物の骨、金、銀を使っていました。高級品では、柄の表面にアコヤ貝などで装飾したものもあります。18世紀頃の歯ブラシは、毛束が密に植えられ通気性がわるく不潔なものとされていました。当時、庶民は、歯みがきも余りせず歯の手入れもしない人が多く、むし歯や口臭もひどかったと言います。1935年にアメリカのデユポン社がナイロンを開発し、歯ブラシに使い世界中に広まったのです。

  • 西洋の歯ブラシの始まりは?
  • 西洋の歯ブラシの始まりは?

19世紀の西洋歯ブラシ

所在地

横浜市中区住吉町 6-68
神奈川県歯科保健総合センター(神奈川県歯科医師会館) 7 階
来館予約来館予約

神奈川県歯科医師会事務局に
前日までに予約をして下さい。

TEL: 045-681-2172

入館料入館料

無料

Googtle Mapで開く

Oral Health Online オーラルヘルスオンラインOral Health Online オーラルヘルスオンライン

神奈川県⻭科医師会が運営する情報発信メディア!
最新の⻭科治療についてご紹介しています。

こちらをクリック