ワシントン大統領は入れ歯だった?

ワシントン大統領は入れ歯だった?

ジョージ・ワシントンは、若い時から歯が悪く28歳で最初の入れ歯を入れていました。彼の入れ歯は、予備を含めて6個残っています。
1789年(57歳)には、左下の奥歯1本になりました。1796年(64歳)には、最後の一本を抜いています。画家のギルバート・スチュワートは、ワシントンの67歳時の肖像画を描きました。しかし、ワシントン大統領は、スプリングで跳ね上げる入れ歯のため、歯を食いしばって顔をしかめています。1ドル紙幣のワシントンは、この肖像画を基にしているため顔をしかめています。ワシントンの入れ歯は、スミソニアン博物館に展示されています。しかし、1981年に盗難に遭い溶かされたため、現在展示中の入れ歯はレプリカです。

  • ワシントン大統領は入れ歯だった?

ワシントン大統領の入れ歯

所在地

横浜市中区住吉町 6-68
神奈川県歯科保健総合センター(神奈川県歯科医師会館) 7 階
来館予約来館予約

神奈川県歯科医師会事務局に
前日までに予約をして下さい。

TEL: 045-681-2172

入館料入館料

無料

Googtle Mapで開く

Oral Health Online オーラルヘルスオンラインOral Health Online オーラルヘルスオンライン

神奈川県⻭科医師会が運営する情報発信メディア!
最新の⻭科治療についてご紹介しています。

こちらをクリック