西洋の抜歯器具の始まりは?

西洋の抜歯器具の始まりは?

西洋の抜歯器具は、いろいろな器具が考案されていました。麻酔が発見されるまで、患者さんに痛みや傷をくわえても、短時間に手早く歯が抜けるのが重要でした。抜歯器具のなかでも有名なペリカンは、器具の爪の形が鳥の嘴に似ているのでそのように呼ばれ、古くから使われていました(1400 年頃~ 1750 年頃)。また、当時の家屋のドアの鍵に形が似ていた歯鍵(1750 年頃~1850 年頃)は、歯を抜くときの支点を歯や歯肉に置くため、痛みが強く傷口は大きくなりますが、世界中で便利に使われていました。麻酔が発見され普及してくると、ペリカンや歯鍵などの器具は使われなくなり、そのほかのそれまで使われてきた鉗子(俗称ヤットコ)や挺子は、それぞれ改良が加えられ、現在も使われています。

  • 西洋の抜歯器具の始まりは?
  • 西洋の抜歯器具の始まりは?

ペリカン・歯鍵

所在地

横浜市中区住吉町 6-68
神奈川県歯科保健総合センター(神奈川県歯科医師会館) 7 階
来館予約来館予約

神奈川県歯科医師会事務局に
前日までに予約をして下さい。

TEL: 045-681-2172

入館料入館料

無料

Googtle Mapで開く

Oral Health Online オーラルヘルスオンラインOral Health Online オーラルヘルスオンライン

神奈川県⻭科医師会が運営する情報発信メディア!
最新の⻭科治療についてご紹介しています。

こちらをクリック