江戸時代女性は、みんなお歯黒を塗っていた?

お歯黒を塗る女性 歌麿画

お歯黒を塗る女性 歌麿画

江戸時代女性は、みんなお歯黒を塗っていた?

江戸時代には、公家を除いて武将のお歯黒は廃れました。一方、江戸時代の庶民の女性は、結婚すると“夫に貞節を尽くす”ため、眉を剃って歯を黒く染めました。お歯黒を塗る時、液を温めるとくさい臭いがするため、既婚女性は朝、夫が起きる前に塗りました。
女性の旅行時には荷物を身軽にするため、インスタントのお歯黒の粉を持参しました。幕末から明治初期に来日した外国人は、お歯黒を塗った既婚女性を見て女性差別と明治政府を批判しました。明治元年と3年に華族を対象にお歯黒禁止令が出たのですが、伝統的な風習は改まりませんでした。明治6年3月、明治天皇と皇后は、率先して眉剃りとお歯黒を止められてから、庶民のお歯黒も徐々に廃れていきました。

所在地

横浜市中区住吉町 6-68
神奈川県歯科保健総合センター(神奈川県歯科医師会館) 7 階
見学予約見学予約

神奈川県歯科医師会事務局に
前日までに予約をして下さい。

TEL: 045-681-2172

完全予約制(当日不可)

入館料入館料

無料

Googtle Mapで開く

Oral Health Online オーラルヘルスオンラインOral Health Online オーラルヘルスオンライン

神奈川県⻭科医師会が運営する情報発信メディア!
最新の⻭科治療についてご紹介しています。

こちらをクリック