• ホーム   >   
  • 歯とお口の基礎知識   >   
  • 「磨いている」のに「磨けていない」と言われてしまうのはなぜ?~歯医者さんが教える、歯磨きのポイント~

「磨いている」のに「磨けていない」と言われてしまうのはなぜ?~歯医者さんが教える、歯磨きのポイント~

毎日ちゃんと歯を磨いているのに、いざ歯医者さんに行くと「磨けていませんね」と言われたことはないでしょうか。
実は「磨いている」ことと「磨けている」ことは大違い。虫歯や歯周病にならないためには、もちろん「磨けている」ことが大事です。
ではいったいどうしたら、「磨いている」ではなく「磨けている」になるのでしょうか?歯医者が歯磨きのポイントをお教えします。

虫歯になってしまう原因とは?

皆さんは、虫歯や歯周病にならないために、毎日歯を磨いていることと思います。
ではそもそも、虫歯はなぜできるのでしょうか?
虫歯になってしまうのには、4つの条件があります。

① 歯(宿主)があること。

これは当然ですよね。生後半年くらいまでの乳幼児と上下総入れ歯の老人は虫歯になりません。歯がないからです。逆に、歯があれば、いつでも虫歯になってしまう危険があるのです。

② 細菌(プラーク)がいること。

虫歯をおこしているのは、なんと、「細菌」なんです。ミュータンス菌に代表される、いわゆる「虫歯菌」の仕業でできるものなのです。生まれた直後の赤ちゃんは、お口の中に虫歯菌はいないと言われています。親からの口移しや同じスプーンを使うことなどによって、後から虫歯菌が口の中に入ってくるのです。そうして細菌にさらされている私たちはみな、虫歯になる可能性があるわけです。

③ 糖があること。

ここでいう糖は砂糖のことだけではありません。お米も、唾液によって分解されて糖に代わりますし、果物にも果糖という糖があります。こうした口の中に残った糖は、実は細菌の餌になってしまいます。糖を食べた細菌は、代わりに酸を出していきます。その酸が、歯を溶かしてしまうことで起きるのが虫歯なのです。


④ 時間。

それともう一つ重要なファクターがあります。それが「時間」です。
細菌(プラーク)が糖を分解して酸を出し、歯を溶かしてしまうまでには時間がかかります。ということはつまり、歯が溶けてしまうその前に虫歯菌を取り除き酸をなくしてしまえば、虫歯にならずに済むわけです。
歯を溶かすのにはある程度の時間がかかるので、その前に細菌を除去してしまおうというのが「プラークコントロール(PC)」です。お口の中から歯をなくすことはできません。細菌の数を0にすることもできません。食べ物から糖を除去することもできません。しかし、第4のファクターである「時間」についてなら、対処は可能です。歯を溶かす原因になる酸を細菌が作り出すその前に、しっかり除去することが、虫歯予防につながるのです。

「磨けている」の誤解とは?

そもそも「歯を磨く」という言葉を私たち歯科医や歯科衛生士が言うときは、それは単に歯ブラシを使って磨くことを意味しているのではありません。歯についたプラーク(歯垢)を可能な限り除去することで、虫歯や歯周病からお口の中を守り、健康な状態を維持することを「歯を磨く」、と言っています。それを自宅でご自身がしっかり行えるようであれば「磨けている」ということになります。
もちろんほとんどの方はご自身で歯を磨いていますし、「磨けている」とも思っていることでしょう。しかし、実際にチェックをしてみると、残念ながら「磨けていない」人が本当に多いのです。
歯磨き粉を使うと、とても清涼感がありますよね。その清涼感がお口全体に行き渡ると、そのことで多くの人は「磨けた」と思ってしまうようです。そこに落とし穴があります。歯磨き粉の清涼感でお口の中がすっきりしたことがゴールではありません。「磨けている」、つまり、いかにプラークを除去し虫歯や歯周病にかからなくするかが真のゴールなのです。

「磨けている」ための歯磨きのポイントとは?

ではどこを注意して歯を磨けばよいのでしょうか?どうすれば「磨けている」という磨き方になるのでしょうか?
まず、虫歯ができやすいところは、まず「歯と歯ぐきの境目(歯の生え際)」、次に「歯と歯が接しているところ(コンタクトポイントを含む隣接面)」、そして「歯の溝(特に奥歯の咬む面)」です。この3点をしっかり磨いていれば虫歯にはなりにくいのです。
では、歯の表面はどうでしょうか。歯の表面はもともと、歯ブラシを使ったときには一番磨きやすいところです。しかもそれだけでなく、ほっぺたやくちびる、舌が自動的に歯の表面を磨いてくれているのです。そのため歯の表面はまず虫歯にはなりません。
逆に言えば、ほっぺた、くちびる、舌が届かないところを歯ブラシでしっかり磨くことがとても重要なのです。多くの方が一生懸命磨いている歯の表面は、すでにほっぺた、くちびる、舌が勝手に磨いてくれているところで、そこをもう一度磨いているだけになっているのです。一方で、本当に磨かなくてはいけないところには歯ブラシが届いてない、というのが現状です。これが、「磨いているのに磨けていない」というからくりなのです。靴磨きの時に布を両手に持って一生懸命磨いても、コバの部分や凹んだところには布は届いていないので、そうしたところはさらにブラシを使って磨く必要がありますよね。それと同じです。そうです、歯磨きも靴磨きも同じなのです。自然に磨けないところを歯ブラシで磨いてあげなければ、本当の意味で「磨けた」とは言えないのです。

こうすれば「磨けた」になる!!

まず「歯と歯ぐきの境目(歯の生え際)」のポイントです。
それぞれの歯が一番出っ張っているところよりも先端側は、ほっぺたやくちびるが常に磨いてくれているので、ほぼ虫歯にならないところになります。しっかり磨かなければならないのはもっとも出っ張っているところよりも根元側、歯の生え際と歯肉の頂上部分の間のところです。ここを丁寧に磨くことで歯と歯ぐきの境目の虫歯は防げます。また境目のところが炎症を起こして出来る溝・歯周ポケットを清掃し、さらには歯肉のマッサージにもなるので、歯周病の予防にもなります。

磨き方としては、毛先を歯ぐきの方向に45度傾けて、こするというより振動させます。こすると歯ブラシを動かす幅が大きくなりどうしても磨き残しが出やすくなります。ストロークを小さくし、振動させるように磨くことが重要です。

「歯と歯が接しているところ(コンタクトポイントを含む隣接面)」については、歯ブラシだと毛先がどうしても入りにくいので、デンタルフロスを使って磨くようにしましょう。デンタルフロスの場合、CMで見かけるような、のこぎりを引くような動かし方では、食べかすは取り除けても隣接面についているプラークまでは除去できません。デンタルフロスを歯間部に挿し入れたら、歯に巻き付けるようにして上下させてみてください。そうすれば隣接面のプラークを除去できますし、歯周ポケット内部の汚れも除去することができます。
歯間ブラシもありますが、こちらは、歯肉が下がってきて歯と歯の間に隙間ができているようなところに使用すると効果的です。
「歯の溝(特に奥歯の咬む面)」については、溝の中の汚れを除去するイメージで丁寧に掻き出してあげれば大丈夫です。

この方法で歯磨きをすると、手持ちの歯ブラシでも5分くらいはかかります。基本的には1日3回、食後に行います。お昼はなかなかできないという方は、夜丁寧に1日の汚れをとるという意識で行えばよいかと思います。それも難しいという方には、音波ブラシをお使いいただくことをお勧めします。

終わりに

毎日の歯ブラシはぜひしっかりやっていただきたいと思います。とはいえ、毎日歯磨きを一生懸命行っていても、どうしてもプラークの取り残しはあるものです。ですので、3か月に1度は必ず歯科医院を受診して、定期的なクリーニングをしてもらうようにしましょう。プロフェッショナルな目でお口の中を清掃してもらうことが、一番の虫歯予防となります。
昨今世間を騒がせている新型コロナウイルス。当然原因はウイルスであるが我々歯科医は普段からB型、C型肝炎、HIVなどのウイルスから自分自身を防御するとともに他の患者に感染させない努力をしているので、たとえ新型コロナウイルスの感染力が強いといっても歯科医院は安全なところだと思っていただきたい。
「歯医者に行くと唾液が飛んで新型コロナウイルスに感染しやすい」などというのは根も葉もない事で我々は医療従事者の中で一番唾液の扱いに関して理解しており安全な場所だと思っていただいてよいと思います。
コロナが怖いからと言って検診を拒むのではなく積極的に検診を受け口腔内の清潔を心がけるよう安心して受診していただくことをお勧めします。

神奈川県歯科医師会・横浜市歯科医師会会員 小倉充

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする