• ホーム   >   
  • がん診療医科歯科連携事業

がん診療医科歯科連携事業

国立がん研究センターおよび日本歯科医師会による 医科・歯科医療連携事業「がん患者歯科医療連携登録医療機関」について

昨今、様々な全身疾患の治療に、医科と歯科の連携が強く望まれていますが、がんを患う患者さんに対しても、がん治療を開始する前から歯科と連携し、口腔内の評価、口腔内清掃、ブラッシング指導等を行うようになってきた結果、がん治療中に伴う口腔内トラブルの急性化の予防ばかりでなく、局所合併症や肺炎の発症頻度低下という、がん治療成果そのものへの貢献も証明されつつあります。

そこで、がんを患う患者さんの口腔衛生状態の向上によるがん治療合併症等の予防・軽減、さらにはすべてのがん患者が安心して歯科治療を受けることができる社会基盤を構築することを目的とした「がん患者歯科医療連携講習」を、平成22年度より神奈川県歯科医師会会員を対象に実施しております。

この講習を修了し、現在の「がん患者歯科医療連携登録医療機関」となります。

連携登録医療機関一覧の見方

  • 講習1の欄の●印は、「手術前患者を対象とした口腔ケア」を修了した会員
  • 講習2の欄の●印は、「がん化学療法、頭頸部放射線治療における歯科治療と口腔ケア」を修了した会員
  • 講習3の欄の●印は、「がん緩和医療における口腔ケア」を修了した会員

県下のがん患者連携登録医療機関を調べることができます。
(令和元年7月9日現在:日本歯科医師会からの名簿による)

「がん患者歯科医療連携登録医療機関」の一覧はこちら

がん診療医科歯科連携ガイドブックについて

昨今がん診療における医科歯科連携の重要性は認識されており、「がん対策推進基本計画」においても、チーム医療の推進の中で医科歯科連携が位置づけられています。また、平成30年の診療報酬改定においても周術期口腔機能管理が大幅に変更され範囲が拡大しました。

本会でも、平成29年度より神奈川県地域医療介護総合確保基金事業費補助金により「がん診療医科歯科連携事業」の一環として、「がん診療医科歯科連携検討委員会」を設置し、医科歯科連携の現状分析・課題抽出・連携ツール構築等、医科歯科連携の推進に向けて検討してまいりました。

そしてこの度、がん診療医科歯科連携検討委員会では「神奈川県におけるがん診療医科歯科連携ガイドブック」を作成しましたので、ここにご案内させていただきます。

このガイドブックは、これから医科歯科連携に取組む病院を対象に作成したものになります。本文には、基本的な診療の流れや神奈川県内における病院の医科歯科連携の取組み事例、患者説明用として口腔機能管理の重要性等について記載しておりますので、これから医科歯科連携に取組む病院においては、参考資料としてお役立ていただき、それぞれの病院の実情に合わせた形で医科歯科連携に取組んでいただければと存じます。

最後に、このガイドブックががん診療における医科歯科連携推進の一助となり、神奈川県内の病院において多職種連携の体制が整備され、県民のQOLの向上に繋がれば幸いです

がん診療医科歯科連携ガイドブック