神奈川県歯科医師会とSDGs

「SDGs(持続可能な開発目標)」とは

「SDGs(エスディージーズ)とは、「Sustainable Development Goals」の略称であり、2015年9月に国連サミットで全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2016年から2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

【 外務省SDGsサイトへ 】

「SDGs17の目標

「SDGsは「17の目標」と、それぞれの達成のために必要な「169のターゲット(具体目標)」で構成されています。

1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に保健と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう

私たち一人ひとりにも、問題解決のためにできることは数多くあります。神奈川県歯科医師会は、2030年の世界を変えるために、SDGs推進と関連する活動を通じSDGsについて理解を深め、身近な社会課題に関心を持つことが大切だと考えます。

神奈川県歯科医師会としてのSDGs17への取り組み

神奈川県歯科医師会は、SDGsに掲げられている17の目標のうち、以下の目標に対し継続的に活動をして行きます。
●健康寿命の延伸と生活の質(QOL)の向上
あらゆる形態の虐待を撲滅する取り組み
●次世代の歯科医療従事者の教育振興
●全ての人が自らの能力を最大限発揮するための機会の提供
●行政・関連団体・企業等と連携した、SDGsモデル事業の実施
●SDGsの認知度向上のための広報・啓発

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする