• ホーム   >   
  • 歯科に関する活動   >   
  • お口の健康フェア2021(川崎市歯科医師会・令和3年度歯と口の健康週間事業)

お口の健康フェア2021(川崎市歯科医師会・令和3年度歯と口の健康週間事業)

令和3年6月6日 日曜日、川崎支部は「お口の健康フェア2021」を開催しました。(2020年は中止)
新型コロナ感染症第4波によるまん延防止等重点措置対策中のため、会場を中原市民館から川崎アゼリア サンライト広場に変更し感染防止対策として対面行為や対話などが発生しないようにポスター掲示・パンフレット配布のみとし、例年行われていた測定類・ゲーム・相談コーナーをはじめ、スタンプラリーや川崎フロンターレのマスコットキャラクター「ふろん太君」のお手伝いもなく静かに見ていただくだけの形態をとりました。併催している「お口の健康に努力されている方の表彰」も中止とし、表彰状はご自宅へ送付いたしました。
会場は地下広場ではありますが、空調を遮るものはなく、換気・密度に関しては心配のない状態であり、来場された方々も安心して閲覧されているように見受けられました。
縮小形態になりましたが、川崎市と川崎市歯科医師会の共催は従来通りであります。川崎市健康増進課・川崎市薬剤師会・川崎市歯科技工士会・川崎市栄養士会・川崎市食生活改善推進員連絡協議会・新東京歯科衛生士学校・川崎市歯科医師会(産業歯科保健部、災害対策部、学術部、地域医療部、地域保健部)からそれぞれの特徴ある多くのポスター掲示をいただきました。
来場者は小さなお子様を連れたご家族やご高齢のご夫婦をはじめ健康に関心の高い方々が多かったと思われます。2年ぶりではありますが、連携団体のご協力で無事に開催でき、微力ながらも市民の健康に寄与できていれば幸いです。
来年以降はコロナ禍が収束し、連携協力団体と共に通常形態に近いながらも感染対策を盛り込んだ新しい形でフェアを開催し、多くの市民・近隣の皆様が楽しく健康増進のために来場していただけますように委員会一同頑張っていきたいと考えています。


川崎市歯科医師会

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする