入れ歯の正しいお手入れ

入れ歯を正しくお手入れして健康長寿を目指しましょう

入れ歯には、食べものを噛んで飲み込む機能をサポートしたり、発音を明瞭にしたり、歯が抜けたことで見ばえが悪くなるのを防いだりといった役割があります。
このように、いつまでも健康で自分らしく輝いて生きるうえで大切な役割を担う入れ歯ですが、使いかたを誤ったり、お手入れを怠ったりすると、逆に健康をそこなうこともあるのです。
入れ歯の正しい使いかた、お手入れのしかたをチェックしておきましょう。

入れ歯のお手入れを怠ると肺炎などの原因にも

適切に歯の手入れをしないと、プラーク(歯垢)と呼ばれる細菌のかたまりが付着して、むし歯や歯周病の原因となります。
同じように入れ歯にもプラークが付着します。入れ歯にプラークや食べもののかすがついたままの状態にしておくと、口臭の原因になります。そればかりか、カビの一種であるカンジタによる感染や口内炎などを起こしやすくなります。
また、要介護認定をうけたお年寄りの入れ歯に付着したプラークから、肺炎などの呼吸器感染症の原因となる細菌が見つかったという報告もあるのです1)。
入れ歯をきちんとお手入れして清潔にしておくことは、お口の健康だけでなく全身の健康のためにもたいへん重要です。

正しいお手入れのしかたを確認しましょう

入れ歯のお手入れのタイミングは食後です。食後、ご自分の歯を磨くとき、入れ歯をはずしてお手入れしましょう。
入れ歯を洗浄するとき、歯磨き粉を使うと配合されている研磨材の成分により入れ歯の表面に傷をつけてしまう可能性があります。
水道の水を流し、入れ歯専用の歯ブラシか普段使っている歯ブラシで洗浄してください(図1)。
入れ歯の素材は衝撃に弱く、床などに落とすと割れてしまうことがあります。洗面器や適当な容器に水を張って洗浄すれば、落として割れるリスクが避けられます。

図1 洗面器などに水を張り、歯ブラシで洗浄

 
プラークや食べもののかすが残りやすいのは、入れ歯と歯の間、入れ歯の裏側、部分入れ歯のバネの部分です(図2)。プラークの色は白く分かりにくいため、入れ歯をよく観察してていねいに洗浄してください。

図2 入れ歯をよく観察してていねいに

 
入れ歯専用のブラシや歯ブラシでのお手入れに加え、入れ歯洗浄剤を使用することでプラークの除去効率が高まります2)。
入れ歯洗浄剤には、総入れ歯用と部分入れ歯用がありますので、ご自身の入れ歯に合ったものを選択してください。

寝るときははずしたほうがいい?

入れ歯を使っている方からからよくご質問を受けるのは、寝るときに入れ歯をはずしたほうがよいか、つけたままでもよいかということです。
入れ歯についた細菌などが気管に入って発症する誤嚥性肺炎(嚥下性肺炎)などのリスクを避けるため、一般的には就寝時にはずして水のなかで保管することが勧められています。
しかし、入れ歯がないと顎に過剰な負担がかかったり、残っている歯に負担がかかって割れてしまったりする恐れがある場合は、入れ歯をつけて就寝することをお勧めすることもあります。
ケースバイケースで対応が異なりますので、歯科医師にご相談ください。

入れ歯も定期検診を受けて長く使いましょう

痛みがある、咬み合わせが悪い、入れ歯が動くなどの症状がある場合は歯科医師による調整が必要ですので、ご相談ください。
また、快適に使用できていた入れ歯でも、使っているうちにすり減ったり、入れ歯を支える骨が減って粘膜と入れ歯の間に隙間ができたりします。
入れ歯は、歯科医師が定期的に調整を行うことで長く使用することができます。
入れ歯もご自身と同様に、定期的に検診を受けることが大切です。

1)Sumi Y, Miura H, Sunakawa M, Michiwaki Y, Sakagami N. Colonization of denture plaque by respiratory pathogens in dependent elderly. Gerodontology 2002 ; 19 : 25−29.
2)Odman PA. The effectiveness of an enzyme-containing denture cleanser.Quintessence Int 1992; 23: 187-190

神奈川県歯科医師会・横浜市歯科医師会 会員
 神奈川県横浜市金沢区 カナリア歯科クリニック 川原綾夏

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする