Q 歯周病(歯槽膿漏〕はどうしてこわいのですか。

A

普段健康な私たちは、頭が痛いとか、お腹が痛い場合、お医者さんに行き、薬をもらい飲んで治ってきます。しかし歯周病(歯槽膿漏)になってしまうと、薬を飲んでも治りません。また、歯医者さんに行って治すことがとても難しくなります。

なぜでしょう?

歯周病(歯槽膿漏)はむし歯と違って、歯肉からの出血や歯肉が赤く腫れていても痛みを感じません。そのため放置しがちになります。

さて大変です!

病気はどんどん進行し、歯を支えている歯槽骨が溶け始め、口臭もかなりひどくなります。そして歯肉全体に炎症が広がるため膿(うみ)も出てきます。歯はグラグラ動揺し、抜かなくてはいけないようになってしまいます。だからこわいのです。ある患者さまはこんな話をしてくれました。「夜寝ている間に歯が抜けてしまい、びっくりして起きました」と。

歯周病(歯槽膿漏〕はどうしてこわいのですか。

歯科診療について:口の中の病気